「春愁、杜の都」

 

桜舞い散る季節に聞こえくるメロディ

優しく揺れる花びら 君の歌のようで

 

あの頃から変わらずに今も夢を見ているの?

君と2人歩いたあの日の帰り道

 

照らされた横顔が未来へ繋ぐ夢を追いかけてた

桜舞い散る夜に光る 青葉の君の祈り

 

誰かが通るこの道 君は僕の隣で笑ってくれた

右手で強く手を握って

 

緑光る定禅寺 歩けば蘇る風

通り過ぎたあの日々も優しさへと変わる

 

七夕の星たちと祭りの音に心踊り出すよ

光る花火が照らしたのは青葉の君の祈り

 

そう 巡る季節の中で

君は大切な事を僕に教えてくれた

いつだって 美しく輝く

 

雪が降るこの街に

白く染まった吐息の先にある

眩い光照らしたのは青葉の君の祈り

永遠に輝く光

 

 

※歌詞の無断転載はお断りします